Last modified 2006.1.1
ふなはし裕幸のWebページ

議会の動き


予算決算特別委員会 決算総括質疑舟橋登壇(11月2日)
  • 新年度予算調製について
  • 市町村への権限移譲による予算への影響について
  • 三重県農林水産支援センターについて
  • 耐震化プロジェクト事業について
  • 16年度決算 一般会計、特別会計認定(11月14日)

石原産業 フェロシルト問題勃発

 リサイクル製品認定されたフェロシルトが実は産業廃棄物であった
 11月4日 環境常任委員会石原産業参考人招致


第4回定例議会(11月29日−12月22日)
(1)知事提案
  • フェロシルトは施行現場から安全かつ速やかに撤去を実施させる
  • リサイクル製品の認定のあり方について適切に対応し、責務を果たす
  • 平成18年度当初予算編成の基本的考え方
    「県民しあわせプラン・戦略計画」仕上げの年
    「選択と集中」を一層進め、重点的・効率的配分
    「重要課題対応枠」の設置
  • 平成18年4月より県庁組織を見直す
  • 文化力指針中間案報告
    「人々の心を元気に」「地域の元気を回復」「産業を元気に」
  • 国民保護計画中間案報告

(2)議案
  • 一般会計補正予算案他予算案12件、条例案16件、その他議案29件ほか、計74件を提案、可決
  • 部の名称、行政機関の設置に伴う条例
  • 職員の給与改定条例
  • 県管理施設へ指定管理者制度の導入
    「みえこどもの城」「三重県母子福祉センター」「三重県身体障害者総合福祉センター」「三重県視覚障害者支援センター」「津ヨットハーバー港湾施設」「熊野灘臨海公園」「三重県流域下水道施設」「県営住宅」「県営鈴鹿スポーツガーデン」「県営総合競技場」「三重県サンアリーナ」「県営松阪球場」「県営ライフル射撃場」「県立鈴鹿青少年センター」「県立ゆめドームうえの」

(3)可決された請願・意見書
  • 浄化槽法定検査の徹底を求める請願・意見書
  • 米国産牛肉等の輸入再開に当たり、その安全性の確保を求める意見書
  • 道路整備の交付金財源確保を求める意見書

(4)決議
  • 食物アレルギーを有する児童生徒への適切な対応に関する決議

(5)防災生活振興常任委員会舟橋発言
  • 文化力指針を反映した施策について
  • 国補事業の有効活用について
  • 勤労者福祉会館耐震工事について
  • 公文書館について
  • 地方バス路線維持費補助金について

(6)その他
  • 全国都道府県議会議長会より県議会議員在職10年以上表彰を舟橋議員受章
  • 三重県議会公営企業事業民営化検討委員会中間報告
  • 選挙区調査特別委員長報告
    津市選挙区を新「津市」全域とし、定数を7名とする

舟橋裕幸一般質問登壇(第4回定例会12月5日)
(1)地方分権について
  • 道州制について
    (質問) 道州制や府県合併についての知事所見は
    (答弁) 道州制も含めた広域自治体のあり方検討は必要。国からの押し付け、画一的なものでなく地域住民が自主的に決める地域主権の社会つくりが基本
  • 国と県との役割について
    (質問) 地方分権を進める上で知事は地方六団体や知事会にどのように期待し、行動するか
    (答弁) 国のあり方は国自らが示すべきであるが、地方からも変えていく必要がある。知事会に期待するとともに、改革のため尽力したい
  • 平成の大合併についての知事所見は
    (質問) 地方分権との兼ね合いから平成の大合併をどう考えるか
    (答弁) これからの地域社会は、地域主権の考え方が求められる。合併は行財政基盤強化に有効な手段と考える
  • 県と市町の役割について
    (質問) 合併後の県と市及び町との役割をどのように進める
    (答弁) 規模・能力の高い市町村には権限移譲を進め、対応が困難な町には引き続き補完的役割を担う
  • 自治基本条例について
    (質問) 県議会が進める議会基本条例制定研究に合わせ行政基本条例制定への検討を進めよ
    (答弁) 必要性も含め十分な検討を要すると考える

(2)福祉ネットワークについて
(質問) 要保護児童の早期発見、早期対応などを総合的に進めるため、NPO民間も含めた児童虐待防止県民協議会を立ち上げよ
(答弁) 18年度中に県全体の連携を図るため「要保護児童対策協議会」を設置する

(3)木曾岬干拓地について
(質問) 中部圏に残された貴重な開発可能地である。早急な利用計画を作るべき
(答弁) 地元木曽岬町、桑名市や愛知県、弥富町と利用計画検討の場を設置する




最新の議会報告はこちら




ホームページへ