Last modified 2018.10.1
ふなはし裕幸のWebページ

議会の動き


【平成30年定例会】(1月18日−12月20日、337日)
《8月第1回緊急会議(7月24日)》
  • 県議会議員の定数・選挙区の条例一部改正上程(51人を45人に)

 
《9月定例月会議(9月14日ー10月17日)》

(1)知事提案
  • 大阪北部地震(6月)、西日本豪雨(7月)、記録的高温(7.8月)、台風21号(9月)、北海道地震(9月)など大災害が頻発、大規模自然災害から県民の生命と財産を守るため、防災・減災対策を推進
  • 7月、インターハイ「2018彩る感動 東海総体」が無事成功裡に閉幕、三重県勢の入賞者数52と飛躍的成果を得る、3年後の三重とこわか国体・三重とこわか大会の成功につなげる
  • 三重とこわか国体(2021、9.25−10.5)、三重とこわか大会(2021、10.23−25)開催正式決定される、オール三重で開催準備を進める
  • 東京オリンピック聖火リレー三重県は4月8日、9日、各国代表チームの事前キャンプは、カナダのアーティスティックスイミングチーム、イギリスのパラ水泳チームが決定
  • 中小企業・小規模企業の事業承継対策を危機感を持って取り組み、後継者難による廃業に歯止めをかける
  • 「松浦武四郎生誕200年」、「北海道命名150年」を契機とした北海道との観光連携の強化
  • 「三重県犯罪被害者支援条例(仮称)」の制定に向け準備する
  • RDF焼却・発電事業を来年9月に終了する
  • 職員の旅費条例改正(自動車30円から23円に、宿泊料13,100円から11.700円に、旅費雑費の廃止)

(2)議案
  • 条例案8件など議案15件上程
  • 県議会議員の定数・選挙区の条例一部改正案否決(51人を45人に)

(3)その他
  • 平成30年版成果レポートに基ずく今後の県政運営などに関する申し入れの回答

 

最新の議会報告はこちら


役割へ       活動報告へ

ホームページへ