Last modified 2018.10.1
ふなはし裕幸のWebページ

ごあいさつ


 皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと、心よりお慶び申し上げます。
 本年は、6月大阪北部地震、7月西日本豪雨、9月台風21号・22号・25号に北海道地震など大規模自然災害が全国で多発した年でありました。被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。改めて、防災・減災に向けた取組を強化しなければならないと感ずるところです。同時に、皆様が3日間、自らの命を守るための「自助」に向けた十分な準備もお願いするところです。 「自助」「共助」「公助」それぞれが充実し、有効に連携してこそ防災力の向上といえます。
 自民党の総裁選が終わり安倍総裁が三選されました。ポストや派閥力学で締め付けられた国会議員票は圧倒的に安倍氏でありましたが、地方の党員票は、45%が石破氏に投票しました。党員も国民であります。今の安倍政権に対する国民の不安や不満の表れと考えるのは私だけではないと思います。
 「2018彩る感動東海総体」が三重県を中心に開催され、全ての競技が無事、成功裡に終えることができました。運営に関わった全ての皆様に敬意と感謝を申し上げるところです。8月1日には伊勢サンアリーナで開会式が行われ、桑名高校の女子生徒が、原稿無しですばらしい挨拶をされるなど、感動的な開会式でした。この貴重な経験が、平成33年度に開催される第76回国民体育大会「三重とこわか国体」、第21回全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」につながることを期待します。
 10月1日に県議会本会議の一般質問のトリとして登壇します。(1)公文書の管理と活用について(2)マイクロプラスチック対策について(3)少子高齢社会・人口減少社会への対応についてについて質問します。詳細は次号にて報告します。
 最後に、来年の統一自治体選挙まで半年を切りました。津市選挙区の予想は少数激戦と言われています。引き続きのご支援・ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。
 時節柄ご自愛ください。    

三重県議会議員 舟橋 裕幸







リンクへ       プロフィールへ

ホームページへ